歴史の本書評してます!

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教科書には載せられない暴君の素顔
教科書には載せられない暴君の素顔

恐ろしい・・・

世界中の暴君がいっぱい・・・

日本からは織田信長・藤原道長・徳川綱吉が出てます

世界史からも怖いのがいっぱい
人食い大統領イディ・アミン
メコンのヒトラー ポルポト
串刺し男 ウラドツェペシュ

などなど
ヒトラーや暴君の代名詞ネロなども紹介してますヨ

あー怖い

オススメ度 ★★★★
スポンサーサイト
「毛利元就」なるほど百話―NHK大河ドラマの人物像がよくわかる

ちょっと古い本ですが(笑)
大河ドラマの時に買った本でございます♪

いやでもね、毛利元就を知るにはベストな一冊ですよ!
読み直してみてもおもしろいもん

元就に関わる10人の女性関係や、逸話などなど毛利元就がわかる本です
「フムフム へー」と、簡単に読めちゃうヨ!!

オススメ度 ★★★★ 元就まるわかり♪
その後の慶喜―大正まで生きた将軍

その後の慶喜―大正まで生きた将軍


最後の将軍・徳川慶喜の本

これは幕末に活躍している時代の慶喜じゃなくって、大政奉還後のながーーーーーい人生を語っている本なので、ワタクシ個人的にはとっても楽しめましたっ

っていうか、明治天皇よりも長生きして維新で活躍していった人がどんどん死んでいくのに、慶喜はすっごい長生きしたんですねぇ

焦点がその後に絞ってあるので、最後の将軍の行く末に興味ある人にはオススメ

オススメ度 ★★★★ けど、ちょっと切ない(笑)
会いたかった人、曲者天国

会いたかった人、曲者天国

曲者ズキなワタクシが思わず買ってしまった1冊

あまり本に載ってない人が多いです♪
でも、外国人の掲載率も多い

全部で39人の曲者を紹介していますが、最近の人が多いですね~

杉浦茂(漫画家)山中貞雄(映画監督)三田平凡寺(コレクター)古川ロッパ(喜劇俳優)清水宏(映画監督)田中清玄(思想家)熊谷守一(画家)などなど、あまり聞いたことない人がたくさん

けど意外とみなさん曲者なんですヨ~
こーいう曲者天国な本は嫌いじゃないです

オススメ度 ★★★ でも、あまりにも知らない人が多かった・・・
最後の将軍 徳川慶喜とその時代がわかる本

最後の将軍慶喜と、慶喜を取り囲む様々な人物・事件を描いています。

慶喜にスポットをあてており、幕末の動乱を知りたい人にはオススメの一冊。

人間ドラマ仕立てが上手く書いてあるので、読んでて感情移入できちゃう

思わずイッキ読みでした


オススメ度 ★★★★★ 期待してなかっただけに、良かった!
坂本龍馬のすべてがわかる本

龍馬の誕生秘話からハナタレの甘えん坊時代・そして黒船により龍馬は歴史の表舞台へ。

勝海舟に惚れて海軍へ
そして敵・味方を包み込む人間の大きさがこの一冊に詰まってます

オススメ度 ★★★
徳川慶喜と幕末99の謎

徳川慶喜と幕末99の謎

異例づくめの最後の将軍慶喜の99の謎に迫ります。

家系に秘められた謎から黒船・安政の大獄・公武合体の謎など、時代ごとにテーマが進んでいき、最後は明治新政府の謎で慶喜が公爵の位を授けられたわけまでを紹介。

慶喜のことだけでなく、幕末のことがわかる一冊になっています

オススメ度 ★★★★ 簡単に読める
坂本龍馬の魅力学

坂本龍馬の魅力学

日本史上、とても人気のある坂本龍馬の魅力に迫った本です。

龍馬の生涯や人脈・思想など読んでいくうちに爽やかな龍馬の生き方がわかります

オススメ度 ★★★
もっと知りたい坂本龍馬 歴史を動かした人物Series

もっと知りたい坂本龍馬 歴史を動かした人物Series

日本人に大人気の坂本龍馬がわかる一冊

幕末の時代の説明から始まり、龍馬の寝ション便たれ時代から黒船来航・薩長同盟・亀山社中・船中八策・そして龍馬暗殺までをイラストを交えながら紹介!

坂本龍馬のことがわかるお勧めの一冊

しかも簡単に読めるよ

オススメ度 ★★★★
図説 西郷隆盛と大久保利通

図説 西郷隆盛と大久保利通

西郷隆盛と大久保利通についてと、周辺の人たちとのかかわりを写真やイラストを多く交えて紹介しています。

このシリーズ「図解日本の歴史」は嫌いではないんだけど、ちょっと高いんですよねぇ。

ほぼ カラーなのが気に入ってますが、この二人を知りたいならもっと違う本の方がいいかも

オススメ度 ★★
徳川吉宗―物語と史蹟をたずねて

暴れん坊将軍で有名な江戸八代将軍吉宗の生涯。

小説っぽく書いてあるので読みやすいです。

生い立ちから天一坊事件・側用人柳沢吉保・吉宗を巡る女性達・徳川本家VS尾張家・そして松平定信と寛政の改革までを描いた吉宗の一生がわかる本

オススメ度 ★★★
伊達政宗

天下人の野望に燃える政宗。

奥羽の覇者となりましたが、時代は秀吉・そして家康へ。

もう少し早く生まれていれば天下を取ったかもしれない独眼流政宗に生き様を描いています。

小説なので読みやすいよ

「政宗ってどんな人?」が知りたい方にお勧め

オススメ度 ★★★★
毛利元就99の謎

毛利元就99の謎

30年以上毛利氏を研究してきた著者が書いた毛利元就本の決定版!

生誕から尼子氏とのバトル・厳島合戦・毛利両川などなど、元就の魅力が満載です

この本で、とりあえず元就の生き方がわかる

オススメ度 ★★★
一冊で読む徳川家康のすべて

今川家人質生活から三河制圧・三方ヶ原の戦い・本能寺の変・秀吉との対決・関ヶ原の合戦・そして江戸幕府へと、徳川家康75年の生涯が全て分かります。

粘り勝ちした男の生き様を、読みやすく書いてある「家康入門書」

オススメ度 ★★★ 簡単!
一冊で読む豊臣秀吉のすべて

秀吉がわかる本です。秀吉の18歳の時の決断から、家康との争い・天下統一・そして最期まで、この一冊で秀吉の生涯がわかります。

すごく読みやすい

秀吉の人間性や周りの人々のこともわかり、簡単に楽しんで読めます

オススメ度 ★★★
秀吉側近99人の謎―戦国おもしろ意外史

秀吉一族をはじめ、関係する武将達や女性達などを網羅した本。

秀吉に逆らった家臣達の謎や、秀吉のライバル武将の謎などに迫ります

オススメ度 ★★★
直江兼続―宿敵・家康も惚れた名軍師

直江兼続―宿敵・家康も惚れた名軍師

上杉景勝の軍師・直江兼続の小説

ぐいぐい引き込まれる直江ワールド。

読み終わったときには、絶対兼続ファンになってることでしょう

オススメ度 ★★★★
山内一豊と千代

山内一豊と千代

写真や絵を多く載せつつ、一豊と千代の生きた時代を紹介しております。

大河ドラマに興味を持ってる人にはとってもいいんじゃないでしょうか。

旅スキのワタシとしては、この本読んでるだけで土佐とか掛川に行きたくなってしまいます

オススメ度 ★★★
武田信玄―物語と史蹟をたずねて

小説のような感じです。

甲斐の虎と恐れられた信玄。

父を追放し武田家の武名をとどろかせた信玄を史蹟を紹介しながら描いてます。

この「物語と史蹟をたずねて」シリーズは作者は違いますが全てが読みやすい。

「信玄」という人物の魅力が浮かび上がり、初心者オススメの一冊です

オススメ度 ★★★★
一冊で読む前田利家―乱世を生き抜いたナンバー2のサバイバル術

乱世・戦国を生き抜いたNO2のサバイバル術!

コレ一冊で利家のことが分かります!

ライバル佐々成政との関係や、加賀百万石となったいきさつ・妻のまつの全てなどなど、明治維新まで家を存続させた前田家のヒミツを一挙公開

オススメ度 ★★★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。