歴史の本書評してます!

2006/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京魔界案内―見つけよう、「隠された魅力」を (知恵の森文庫)


東京魔界案内―見つけよう、「隠された魅力」を (知恵の森文庫)

歴史史跡めぐりが好きなワタクシが、休日に江戸探検しよっかな!と思って買った本

紹介しているのはタイトルどおり「怪しい場所」ばかり

・平将門の墓
・鈴ヶ森刑場跡
・風水で護られた江戸城
・燃え上がる魔界・吉原
・四谷怪談がらみの場所

などなど

おっそろしい場所とともに、その場所に関するエピソードも紹介してます
ちなみに文庫本サイズなのに写真もカラーが多いのがいい♪

オススメ度 ★★★ 興味がある人は是非★
スポンサーサイト
大人のための修学旅行―京都の歴史〈上〉

これはかなり気に入った!
読んだ後、京都にむしょーーーに行きたくなりましたっ

その場所の由来や歴史を教えてくれて、今までボーーーっとお寺さんを回っていた人にはかなりオススメしたいです

やっぱり史跡なんかをめぐる時は、そこの歴史を知っていたほうが絶対おもしろいし、旅の密度が濃くなりますっ←ほんとだよ!!!

オススメ度 ★★★★ 写真とかがもーーちょっと欲しかったかな
駅名で読む江戸・東京

駅名で読む江戸・東京

いつも行ってたあの場所も、この本を読むと違う発見ができますね!
この地名にはこういう意味があったのか!!と、江戸のカオリが漂ってきます~
あと、大正・明治のカオリも(笑)
山手線の駅名にも、色々あるんだなぁ~と、楽しく読めちゃう

ちなみにイラストとかほとんどないですよ~
ほぼ活字です

オススメ度 ★★★★
江戸東京伝説散歩

江戸東京伝説散歩


昨日買ったばっかの本
立ち読みの時点で、お買い上げ決定してしまいました♪

今の東京の伝説の現場を教えてくれる本で、天下をゆるがした大事件の場所とか怨念の場所とか、個人的に散歩コースに取り入れたいスポットばかりだったので(^^;)

欲を言えば、もちっとガイドっぽくしてほしかったな

写真とかほとんどないので、もーすこしオモシロサを前面に出してたらよかったな~
でも、普通の散歩ガイドに飽きた人にはオススメですよ
ワタクシのようなミーハーな人間には、興味津々のスポットガイドです

オススメ度 ★★★★ 興味ある人にしかオススメできません~
美の脇役

美の脇役

「美しいもの」を紹介しているのではなく、その脇役の「モノ」を紹介している本です

たとえば大阪城では「城」そのものではなく「石垣」のすばらしさを褒め称えております
こういった主役以外の「見所」を教えてくれる一冊

が、紹介している場所はほとんど京都です
奈良や大阪もちょっとはありますが、関東はほんと少ないです~

でも、脇役たちを見るのもいいもんですよね♪ということで、購入した一冊でしたが、できれば写真はカラーが良かったな

オススメ度 ★★★ 白黒写真はちともったいない~
鎌倉でお寺や神社をめぐり、史跡と仏像に会いましょう。

鎌倉でお寺や神社をめぐり、史跡と仏像に会いましょう。

まずタイトルが癒し系(笑)
鎌倉観光本なんですが、史跡と仏像に会いましょうっていうのがイイネ!

内容はフルカラーで写真やイラスト多し!
おいしいお店とかそーいうのはほとんどないけど、鎌倉のお寺や史跡なんかを知りたい人にはすっごくオススメ!!
本の感じがすごい優しいので、手元においておきたい一冊です

オススメ度 ★★★★ お気に入り鎌倉本です
歴史舞台の宿―歴史に出会う名旅館

歴史舞台の宿―歴史に出会う名旅館


くぅーーー!まさに歴史が動いた宿たちばかり!!!

あーん行きたいーーー!!な旅館ばかりです!!

ポイント、熱く語っていいですかっ!!

ペリーが来たときに吉田松陰が密航しようと潜伏した宿なんてね、滞在していたときに使った内湯がそのまんまだし!!

山岡鉄舟が愛用していた宿とか!!

信玄の隠し湯コースとかっっ←コーフン(笑)

榎本武明と土方歳三の思いが眠る温泉街とかっ!

関ヶ原合戦に敗れた真田昌幸&幸村がいた高野山の宿坊とかっっ

清水次郎長が愛した気軽やなお宿とかっっ

もーーー、勘弁してーというくらい訪れてみたい旅館だらけ

日本各地の宿が載ってるので、なかなかいけるチャンスはないけど、本を読みつつ思いをはせておりますっ

オススメ度 ★★★★ 全部行きたい!!

大人の京都

大人の京都

大人なんで(笑)大人京都を散策してみようかと・・・

って、内容は普通のガイドブックなんですけどね

ちょっと違うのは「食べる・見る」とかのコーナーで、渋い店を紹介してるってとこかな

オールカラーなのもよし

オススメ度 ★★★
京都・幕末維新をゆく

京都・幕末維新をゆく

幕末・維新の色んな事件が起きた場所を紹介している歴史旅本です

もぉ行きたいところだらけです!!

カラーと白黒写真が半分づつくらいなんですが、やっぱ京都はいいなぁ・・・

紹介スポットは23箇所とちょっと少なめなんですが、写真が綺麗だから許せちゃいます

オススメ度 ★★★
関東近郊 ご利益の旅100

関東近郊 ご利益の旅100


これは先日探して買いました・・・
ナゼって???個人的なモンですが、最近ツイてないからです(汗)
困った時の神頼みってことで、どーせ歴史旅がすきなんだから、こーゆーご利益のあるトコにも行ってみようかと(笑)

この本は関東近辺の神社仏閣を100所紹介してます

オールカラーで1箇所あたり2ページ(1ページもあり)使ってます

で、紹介されている神社は「安産」「商売繁盛」「家内安全」「厄除け」「安産祈願」「眼病平癒」「建築安全」「ぼけ封じ」などなど、いろーんなオネガイにきく!というトコばかり

ちなみにワタシが行こうと思ったのは・・・ナイショです(笑)


オススメ度 ★★★★ 個人的本です(笑)
古寺・名刹の旅 鎌倉―知的でゆたかな旅シリーズ


普通に楽しんで読める鎌倉本

るるぶのような感じじゃなくって、単行本で鎌倉のお寺を説明している本です
ということで、どこどこのお店が~のようなのは一切載ってないよ

オールカラーで読みやすいですが、今は他にもいっぱい鎌倉本があるのであえてオススメはしません

オススメ度 ★★
東京江戸たんけんガイド

東京江戸たんけんガイド

これは可愛い♪
うさぎちゃんが江戸の史跡を紹介してくれますヨ~

江戸時代のことも教えてくれるし、江戸探検コースなんかも教えてくれます
江戸こぼれ話もありますよ

探検コースは、幕末ヒーローを追え!では、伝馬町牢屋敷跡→西郷・勝海舟会見の地碑→桜田烈士愛宕山遺跡碑→福沢諭吉のお墓→青山霊園→近藤・土方・永倉の新撰組隊士供養塔

という、なかなかマニアックなコースを写真や簡単でわかりやすい文章で説明してくれてます

子供用だけど、大人も十分楽しめる一冊!

オススメ度 ★★★★★ なんせ、わかりやすい
一度はお参りしたい、あの人のお墓―東京・鎌倉近郊墓地詣で

一度はお参りしたい、あの人のお墓―東京・鎌倉近郊墓地詣で

興味ある人しか惹かれないであろう有名人のお墓の本。

東京・鎌倉近郊の有名人のお墓を紹介してます。

文学・美術などからは樋口一葉な夏目漱石、映画・音楽からは美空ひばりや三船敏郎、その他歌舞伎や落語の人など、その人の生涯とお墓の場所や写真が載せてあります

オススメ度 ★★★★
妖怪ウォーカー

妖怪ウォーカー

日本全国の妖怪スポットを紹介!

いやー、個人的に歴史史蹟を歩いたりするのが大好きなので、こーゆー変り種の散歩本は大歓迎です。

特に妖怪スポットオンリーなんて、なかなかないですからね。

さっそくこの本を持って散歩に出かけたくなります!!

オススメ度 ★★★★
神奈川県の歴史散歩 (下)

神奈川県の歴史散歩 (下)

下に書いた本の「下巻」です。

(上)は川崎や横浜・三浦半島で、(下)は鎌倉や湘南方面です。

「歴史散歩」という目的をもって歩くにはこの本はオススメ。

でも、近くにおいしい○○のお店がある♪とかそういう情報は載ってないヨ

オススメ度 ★★★★
神奈川県の歴史散歩 (上)

神奈川県の歴史散歩 (上)

とっても便利な散歩用のガイドブック!

フツーのるるぶのようなガイドブックとは違って、「歴史」だけに重みを置いているので、ここのお寺はどんな風に造られたのかなど、歴史がとってもわかります!

歴史がわかると、散歩もますます楽しい!!

他の都道府県のもあるよ

オススメ度 ★★★★
古地図・古写真で見る東海道五十三次

古地図・古写真で見る東海道五十三次

東海道五十三次を日本橋から大津まで紹介しています。

残念なのはフルカラーじゃないこと。

写真だけ ではなく絵も多いので、フルカラーだったらもっと良かったのにな。

それがホント残念!各宿の歴史紹介もあるので、ヤジさんキタさんになったつもりで東海道を旅できちゃう一冊(笑)

オススメ度 ★★★★
不思議の旅ガイド 日本幻想紀行


不思議の旅ガイド 日本幻想紀行

個人的にかなりお気に入りの一冊。

歴史史跡めぐりがスキなので、こういったガイド本は大好きなんだけど、この本はさらに「不思議の旅」に焦点を絞ってて、京都や江戸のミステリースポットや全国の不思議な場所・怖い場所をかなり沢山紹介しています。

行ってみたいところばかりです!!

オススメ度 ★★★★★ 日本はいいとこばかり♪


おんなの史跡を歩く

おんなの史跡を歩く

京都にゆかりのある女性の史跡を訪ねている本

額田王・藤原高子・巴御前・お市の方・細川ガラシャなど、日本史上有名な女性からマイナーな女性まで、簡単な生涯と京都市内になるゆかりの史跡の場所や写真を載せています

オススメ度 ★★★
京都 恐るべき魔界地図

怨霊うごめく京都へようこそ・・・・。

洛中・洛北など地域別に紹介。

いやー、さすが歴史ある都・京都ですね。

ホント、京都は怨念や呪いがわんさかですねぇ。

旅行いく前に読んだらなおおもしろいかもしれないです。

オススメ度 ★★★★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。