歴史の本書評してます!

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
驚きももの木20世紀―作家、その愛と死の秘密

驚きももの木20世紀―作家、その愛と死の秘密

太宰治・宮沢賢治・高村光太郎・三島由紀夫・江戸川乱歩・森瑤子・川端康成・岡本かの子といった近代作家の生涯と愛を紹介している本

写真もちょこちょこ載っております
この人たちのことを簡単に知りたいという人にはオススメですが、いまいちインパクトに欠ける感じがしましたね~
もっと詳しく知りたい人は他の本の方が良いかも
コンパクトすぎちゃうかな
でも、森瑤子が出てるのにはビックリした

オススメ度 ★★
スポンサーサイト
「男の恋」の文学史 (朝日選書)


「男の恋」の文学史 (朝日選書)

ミーハー的なのかな?と思いきや、意外とマジメに男の恋について解説しております
なかなか興味深い一冊でした

教科書が教えない恋愛なども紹介しております

ちなみにちょこっと内容をピックアップすると

・犯される女の美化
・好色一代男の恋愛思想
・夫であることの困難
・遊郭の恋愛文化
・去り行く女 破滅する男
・性という罪 干渉という恥
・あまりにも女々しい男・近松秋江

などなど
ちょっと堅苦しいトコもあったりしますが、ワタシは興味深く読むことができました

オススメ度 ★★★ 
学問のすゝめ

学問のすゝめ

福沢諭吉の学問のススメの注訳本

といっても、現代語訳はしてませんヨ~
でも今までに読んだ学問のススメ本の中でもかなりわかりやすく書いてある本でした

興味ある人にしかオススメできませんけどネ

オススメ度 ★★★★ 読むならコレから?
2時間でわかる「日本の名著」──せめて「あらすじ」くらいは知っておきたい名作50

2時間でわかる「日本の名著」──せめて「あらすじ」くらいは知っておきたい名作50

こーいったあらすじ本ばかり読んでるワタクシ(汗)
こーゆーのがスキなんです~

この本は文庫本なので電車の中とかでかるがーる読めちゃう!
で、ちょっと頭がよくなった気分になっちゃう(笑)

あ、紹介してるのは金色夜叉・羅生門・金閣地・三四郎・竹くらべ・細雪・破壊・蟹工船などなど国語の授業に必ず出てくるものばかり

ほんと、日本文学のこれくらいは知っときましょうってのばっか50冊を紹介してまーす

オススメ度 ★★★★
日本の小説101

日本の小説101


日本を代表する101の小説を紹介している本

1つあたり2ページで、作品のことばを引用している部分と、ストーリー・作品解説・作者略歴が書いてあります

とても読みやすいですねぇ~

紹介されている本のタイトルは「舞姫」「にごりえ」「高野聖」「それから」「真珠夫人」「銀河鉄道の夜」「蟹工船」「野菊の墓」などなど国語の授業ではおなじみの小説たちです

ちょっと驚いたのが、夢野久作の「ドグラ・マグラ」をチョイスしてたトコ

あと、ここ数年の間に出てる本もチョイスされてたコトですねぇ
「コインロッカー・ベイビーズ」とか「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」とかね
上のタイトルの純文学系の本とひとくくりにされちゃってるのが、なんか不思議(笑)


オススメ度 ★★★
一冊で怪談(おばけ)ばなし100冊を読む―日本怪異文学名作案内

日本史上で有名な怪談ばなし100冊を一冊にまとめちゃった本

短い時間でたくさんの怖いお話を読んだ気分になれちゃいます

まぁ、こういったシリーズは、ワタクシの中では「ズル本」と命名しておりますが(笑)ほんと、要点をまとめてあるので、頭が良くなった気になっちゃいます~

この本は、作者と作成時期が書いてあります
タイトル例を出すと

・殺生岩
・善悪報はなし
・好色一代男
・奇怪な再開(芥川龍之介)
・置いてけ堀(岡本綺堂)

などなど
なかなかおもしろいですぞ

オススメ度 ★★★★
恋と女の日本文学

恋と女の日本文学

「恋と日本文学と本居宣長」と「女の救はれ」の二つのテーマを研究したような一冊

興味ない人は、たぶん入り込めないでしょう

かくいうワタクシも、ミーハーなんで本のタイトルだけで注文しましたが、思ってたのと違いました(汗)
もっとスキャンダラスな本なのかと思ってました(笑)

「群像」に載っていたテーマの二つを本にしたみたいですね~

オススメ度 ★★
あらすじで読む日本の名著―近代日本文学の古典が2時間でわかる!

あらすじで読む日本の名著―近代日本文学の古典が2時間でわかる!

とりあえず近代日本文学の有名な本が、どんな内容なのかがわかるめんどくさがり屋さん(笑)にはオススメの一冊。

「浮雲」や「金色夜叉」「蟹工船」など、有名な本のあらすじがとりあえずわかります。

この本を読んで興味が涌けばみっけもんなのでは?

ちなみに私は28タイトル中「金閣寺」「友情」など5作品しか読んだことがありませんでした。ヤバイ

オススメ度 ★★★★
大人の教科書 国語の時間

大人の教科書 国語の時間

古事記から始まり、徒然草・源氏物語・方丈記など日本の古典文学をわかりやすーーーく紹介!

さらに雑学もプラスされていておもしろいです。

また、近代文学の代表的な作家についてなど、ただ難しく解説しているだけじゃないおもしろい雑学本となってます。

大人なら一度おさらいのため読んでみていいかも!

オススメ度 ★★★★ ちょっと頭が良くなった気分!?
性と愛の日本文学

性と愛の日本文学


日本文学の中にある「性」と「愛」の本を解説しています

ワタシの中で、こういうテーマでまずひらめくのが谷崎潤一郎ですが、この本でも一番最初に紹介されていました(笑)

かなりの量の本を解説していますので、解説内容はそんなに重くはありませんが、この本を読んでから原作を読んでみるのもいいかも

オススメ度 ★★★★
太宰治のことば―愛と苦悩の人生

太宰治のことば―愛と苦悩の人生

太宰治の愛と苦悩の人生が詰まっている一冊

太宰治の生涯から、色んな言葉を集めた本となっています

個人的に昔から太宰治には非常に興味があるので、何度かこの本は読み直ししましたね~

人生に疲れている人は逆に読まないほうがいいかもしれません (笑)

オススメ度 ★★★
超現代語訳 百人一首

超現代語訳 百人一首


これはわかりやすい。むしろわかりやすすぎて情緒が・・・

百人一首をすっごく簡単に訳してあります

豆知識もありますよ

どこかで聞いたことある歌だけど、意味わかんないよね~っていう人にはすっごくオススメ。

持統天皇や小野小町の言いたいことがよくわかる、百人一首本

オススメ度 ★★★ 本気で勉強してる人は怒りそう(笑)
卑弥呼―弥生時代

卑弥呼―弥生時代

ドラえもん歴史漫画シリーズ。

卑弥呼のこともよくわかるし、弥生時代のこともわかっちゃいます

でも言わせてもらえば、もっと卑弥呼を美人な女の人で書いて欲しかったよぅ~(笑)

オススメ度 ★★★★ このシリーズはそろえたい♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。