歴史の本書評してます!

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦国名軍師列伝 (PHP文庫)
戦国名軍師列伝 (PHP文庫)

戦国時代の「軍師」をいっぱい紹介してる一冊!

命運を握る作戦をたて、カンペキな遂行をするための軍師ですが、ほんといろんなタイプの軍師がいて、いいですね~

ブレーンたちのアレコレがわかるおもしろい一冊

オススメ度 ★★★★ 軍師を知りたい人はぜひ!簡単に読めますよ!

スポンサーサイト
戦国武将・闇に消されたミステリー いまだ解けない80の謎 (PHP文庫)
戦国武将・闇に消されたミステリー いまだ解けない80の謎 (PHP文庫)

・松永久秀はなぜ将軍になろうとしなかったのか?
・毛利輝元はなぜ出陣しなかったのか
・本能寺の変の影の人物とは誰か
・石田三成と上杉景勝の間に密約はあったのか
・黒田官兵衛はなぜ突然引退したのか

などなど、いろーんな戦国時代の「謎」をチョイスしてます

ミステリーというか、推測してるとこが多い本ですが、軽く読めるので
読み物としてはおもしろい

オススメ度 ★★★

逆説の日本史〈12〉近世暁光―天下泰平と家康の謎
逆説の日本史〈12〉近世暁光―天下泰平と家康の謎

実はこのシリーズ、あまり好きじゃない・・・と思ってましたが
読む時期によって感じ方が違うもんですね(笑)

この「12」はなかなか読みがいがあっておもしろかったww

ほー!こーいった考えかたもあるんか~と、新たな歴史観が生まれましたね★

オススメ度 ★★★★
爆笑信長の野望〈2〉 (歴史人物笑史)
爆笑信長の野望〈2〉 (歴史人物笑史)

シブサワコウ監修の一冊

んーーー。爆笑はしなかったけど(笑)そこそこは楽しめるかな

でも、意外と知ってることとかが多くて、軽く読みたいとゆー人以外はオススメできませんね~

おもしろくなくはないんだけど、なんとなく中身が薄いかな??


オススメ度 ★★
呪術と占星の戦国史

呪術と占星の戦国史

戦国時代の武将たちが、いかに信仰心があったかがよーーーくわかる一冊です

・出陣をおみくじできめる
・首実検の作法
・戦勝のための呪いとタブー
・凱旋の儀式と勝どき
・呪術合戦と軍配者
・秀吉の好きな3月1日

などなど

興味ある内容が多かったです

ちょっとビックリしたのが、著者が小和田哲男さんってこと
こんなのも書くんだ~と、ビックリしちゃいました


オススメ度 ★★★★
武田信玄の古戦場をゆく―なぜ武田軍団は北へ向かったのか?

武田信玄の古戦場をゆく―なぜ武田軍団は北へ向かったのか?

筆者が、実際に旅をしつつ古戦場を紹介している本です

んーーー、言葉だけではやっぱり物足りないですね
やはり写真とかもっと欲しかった

でも、この場所でこーいったコトがあった・・・というのが説明してあり、信玄をめぐる旅のお供にしたい一冊です

こーいう本を読むと、史跡巡りしたくてうずうずしてきちゃいます

オススメ度 ★★★
百姓から見た戦国大名

百姓から見た戦国大名

おもしろそうなタイトルですよねー!
今まで「百姓側」から戦国を読み取るなんて、なっかなかないですよね!

戦国時代の多くの百姓の願いは「生き残ること」
そのために、人々が「村」という組織に入って、生き残ろうとする
といことで、戦国時代の「村の仕組み」なんかもよくわかります

百姓に対する戦国大名のあり方などなど、すごく興味あるテーマが多くとりあげられてました

戦国という時代の見方が変わる一冊です

オススメ度 ★★★★

戦国検定―あなたの知識レベルは将軍級?足軽級?

戦国検定―あなたの知識レベルは将軍級?足軽級?

おもしろそうなので買ってみました♪

コンビニなんかで売ってる500円シリーズです♪

一問一答で戦国時代のクイズを出してます
で、テーマ別に分かれていて、総合ポイントでどれくらいの戦国通かというのを採点する本です

意外と問題数は少なめ

もーちょっと欲しかったかな~といった感じ
まぁ500円で楽しめたからいいですけどネ

暇つぶしにはちょうどいい本です!

オススメ度 ★★★



実録風林火山―「甲陽軍艦」の正しい読み方

実録風林火山―「甲陽軍艦」の正しい読み方

戦国時代に欠かせない武田家のことを書いた「甲陽軍艦」を解説しつつ、戦国武田を紹介している本です

後の「侍」に、大きな影響を与えた武田の甲陽軍艦とはどんな本なのか??という興味を持ってる方にはオススメですねっっ

「昔の本だから、ちょっと難しいんじゃないの~?」と思ってたら大間違い
ちゃーんと、現代風にアレンジして解説してます

簡単に言うと「甲陽軍艦の内容を簡単に説明している本」です

戦国武士道のロマンが詰まってます♪

オススメ度 ★★★★★ 武田ファンなんで(笑)
山本勘助

山本勘助

オールカラーで、写真がたっくさんな「勘助本」

勘助の一生を追う・・・みたいな本ではなく、主に史跡をメインとしています

勘助がらみだけではなく、武田家がらみの史跡も多く紹介しています

資料的なものも多く、勘助ってどんな人???って感じのことを知りたい人にはオススメしません

山本勘介の人物像を在る程度知っている人が楽しめる本ですね

オススメ度 ★★★
戦国武将の妻たち

画像がないのが残念ですが、表紙の絵がちと古くさいというか、よくオジサマ方が読むような官能小説の絵みたいというか・・・(笑)

内容は悪くないですよー

紹介しているのは
前田利家の妻のまつ・秀吉の妻ねね・築山殿・明智光秀の妻・細川ガラシャ・お市の方・濃姫の7人

7人とも戦国時代においては超メジャーな奥様方なので、全然戦国の女性を知らないという方の第一歩本としてはいいんじゃないでしょうか

ちょっと小説風?という感じになっておりますのでね

オススメ度 ★★★ 

信長とは何か

信長とは何か


織田信長がめざす天下統一は必要だったのか?といったような感じで進めていく信長本

織田信長の生き様ややりかたを在る程度は知っている人が読むといいかも

新たな信長像が見えてきますね

私は信長ファンですが、別にカチンとくるような内容ではなかったですね

この本は、なぜこの時代に信長という人がでてきたのか?というのを当時の社会状況から考えてる本で、戦国時代とゆーのはいろんな方向性が生まれていた時代ですが、信長はそこに登場してひとつの道筋を作った人
果たしてその道筋がどのような意味を持っていたのか?というのを考えている本であります


オススメ度 ★★★★ 
信長軍の司令官―部将たちの出世競争

信長軍の司令官―部将たちの出世競争

信長の家臣団についての史料は乏しいんですが、この本はその乏しい中からとってもうまくコンパクトにまとめてあると思いますね

時代ごとに順序良く家臣団をまとめてありますね!

信長をさらに知りたい!という方にはオススメですね
この本一冊で、家臣団の構成などがかなり把握できちゃいます

オススメ度 ★★★★
「名君」「暴君」大逆転の戦国史

「名君」「暴君」大逆転の戦国史

北条早雲・山内一豊・武田信玄・徳川家康・明智光秀・斉藤道三・石田三成・毛利元就の8人を紹介しています

世の中の価値観が変わりつつあった戦国時代において、いち早く「何か」を始めた人のことを紹介しています

どのように対処し、どのようにまとめていったか?など、どっちかというと「経営」についてのことが多いかな

この人たち個人を知りたいのであれば別の本でいいかも

オススメ度 ★★★ 
戦国の妻たち―歴史を陰で支えた女たちの物語

戦国の妻たち―歴史を陰で支えた女たちの物語


興味ある人にはもってこいの一冊!
文庫本サイズで簡単に読めちゃいます

紹介している妻たちは日野富子・北政所・淀殿・お市の方などのメジャーな妻から、真田信之の妻・小松姫や秋山信友の妻・遠山夫人などちょっとマイナーな妻まで29人の妻を紹介しています

個人的に女性のことに興味があるので、こーいったまとめ本はスキですねー

オススメ度 ★★★★ 簡単♪コンパクト♪
「毛利元就」なるほど百話―NHK大河ドラマの人物像がよくわかる

ちょっと古い本ですが(笑)
大河ドラマの時に買った本でございます♪

いやでもね、毛利元就を知るにはベストな一冊ですよ!
読み直してみてもおもしろいもん

元就に関わる10人の女性関係や、逸話などなど毛利元就がわかる本です
「フムフム へー」と、簡単に読めちゃうヨ!!

オススメ度 ★★★★ 元就まるわかり♪
独眼竜政宗と伊達一族―奥州制覇70年の生涯と血族列伝

別冊歴史読本から発売している伊達政宗の特集本

歴史読本シリーズは、個人的にとてもスキなので、これも楽しく読めました

といっても、政宗の一生をツラツラと語ってるというものではなく、伊達家が関わった事件や戦いを色々な作家の人が語っているというものです

なので、いっきに「伊達政宗」の一生を知りたい!!という人にはオススメしませんねぇ
やっぱいっきに知るには同じ作家さんのほうが筋が通ってますから

それでもこの本は、伊達一族の歴代藩主や一門なんかもこちょこちょと紹介しているので「伊達一族」を知りたい人にはオススメですぞ

★★★ 伊達オンリー!
桔梗の花さく城―光秀はなぜ、本能寺をめざしたのか

明智光秀は、なぜ本能寺をめざしたのか???というのを丸々一冊検証している本です

光秀の出自の検証から始まり、信長との出会い、荒木村重の謀反など、信長公記や見聞雑録・安土日記などなど、様々な資料を基にして検証してます

字も大きくてかなり簡単に読めますが、ある程度光秀のことを知ってる人じゃないとおもしろくないですねぇ

こういった検証本は意外と好きなんですが、これはかなり簡単にわかりやすく考えをまとめてますね~

オススメ度 ★★★
戦国大名の日常生活―信虎・信玄・勝頼

戦国大名の日常生活―信虎・信玄・勝頼

戦国大名の・・・というより、むしろ武田三代(信玄と、信玄のおとーさんの信虎・そして信玄の息子勝頼)の日常生活ですな~

この武田三代を通して、戦国大名の色んなお仕事や生活を紹介しています

個人的に武田大好きなので、とてもおもしろく読めました

戦国大名がどんな生活をしているか・・というのを、丸ごと知りたい人にはオススメしません

が、武田三代を通して大名のしきたりなど色んなことがわかりますヨ

オススメ度 ★★★★
秀吉をめぐる女たち

秀吉をめぐる女たち

北政所・淀殿・松の丸殿などなど、秀吉をめぐる女性たちの出自や生涯・そして秀吉との関係や他の女性たちとの確執を書いています。

一番苦労人はやはり北政所でしょうなぁ。

オススメ度 ★★★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。