歴史の本書評してます!

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歴代首相 (知れば知るほど)

歴代首相 (知れば知るほど)

この本はとーーっても便利

今までの総理大臣のことがわかりますヨ

どうして総理大臣になったのか?どのような政策をしたのか?でもってどーゆー人物だったのかがとっても簡単にわかる一冊☆

オススメ度 ★★★★★ 
スポンサーサイト
日露戦争が変えた世界史―「サムライ」日本の一世紀
日露戦争が変えた世界史―「サムライ」日本の一世紀

日露戦争によって世界がどう変わっていったか?という内容なので、連合艦隊とか陸軍とかそーいったことはあまり書いてないです

日本とロシアとの戦いの中で、世界中はどう反応したか??といったものが多いですね

日露戦争のことだけじゃなく、太平洋戦争までの道のりと、各国の動きなんかもわかりますよ

オススメ度 ★★★★ 個人的には興味深く読めました!

日露戦争・あの人の「その後」 PHP文庫 (PHP文庫)
日露戦争・あの人の「その後」 PHP文庫 (PHP文庫)

ミーハー心を満足させてくれる「あの人のその後」本

今回は日露戦争で活躍した人たちのその後を教えてくれます♪

裏話満載で満足♪

オススメ度 ★★★★
バルチック艦隊―日本海海戦までの航跡 (中公新書)
バルチック艦隊―日本海海戦までの航跡 (中公新書)

日本海海戦までの日露戦争の経緯が書いてあります

でも、日本海海戦のことよりロシアの政治のことが結構書いてある

ロシアの内政事情?みたいなのにページをとってますね~

でも、それはそれでおもしろいけど

日露戦争に関して、ロシアのことを知りたい人にはオススメですね

オススメ度 ★★★
日露戦争がよくわかる本 (PHP文庫)
日露戦争がよくわかる本 (PHP文庫)

20ポイントで理解するシリーズ

めっちゃ簡単でコンパクトにまとめてあるので、日露戦争を知りたい人にはオススメの一冊ですね

写真や地図も載ってるので、理解しやすいし

あの弱肉強食の時代に、頑張ってた日本がわかりますよ~

オススメ度 ★★★★ お手軽!!
日中十五年戦争史―なぜ戦争は長期化したか (中公新書)
日中十五年戦争史―なぜ戦争は長期化したか (中公新書)

張作霖爆殺事件から満州事変、そして日中戦争へと
どうやって戦争へ突入していったのかが、非常にわかりやすく、詳しく書いてあります

政治的な部分もかなり書いてあります

オススメ度 ★★★★
明治の文化 (同時代ライブラリー (307))
明治の文化 (同時代ライブラリー (307))

明治の文化を紹介している本

ミーハー度はあまりないけど(笑)読み物としてはおもしろいデス

地方のこともいろいろ教えてくれているので♪

オススメ度 ★★★
断髪のモダンガール―42人の大正快女伝

断髪のモダンガール―42人の大正快女伝

大正時代を生きた42人の女性を紹介

ほんと、この時代の女性は今と違って何かと大変ですね・・・

紹介しているのは
与謝野晶子・平塚らいてうといった有名どころもいれば
あまり聞いたことない女性もいっぱい

さまざまな生き様がわかりますよ!

オススメ度 ★★★★
意外と知らない迷走の近代日本史―現代日本を決定づけた、維新以降の20の大事件とは (KAWADE夢新書)

明治維新後、必死に近代化を図って欧米列強の仲間入りをしようとした「日本」が行った
注目するべき事件を紹介している本です

今の日本がどうやって作られてきたのかがわかります

紹介しているのは

征韓論
竹橋事件
ノルマントン号事件
大逆事件
金融恐慌
帝人事件
ドッジラインの実施
東大紛争
プラザ合意

などなど、維新後知っておかなくちゃいけない事件を、めっちゃわかりやすーく書いてあります
しかも字がでかいのがいい(笑)
作者は武光 誠なんで、ほんとわかりやすいですよ

おススメ度 ★★★★ とりあえず知りたい人には超お勧め
ニッポン偉人奇行録 (ぶんか社文庫)

いや~、ご立派な人の考えてることは凡人にはわかりませんな~(笑)

自分がいたってドストレートな人間なんで、ある意味羨ましかったりもするこの奇行な人々

紹介しているのは明治・大正・昭和の有名人

横山大観・吉田茂・中江兆民・伊藤博文・金田一京介・泉鏡花・永井荷風・山本五十六などなど

「えっ!あの人ってそんな人だったの??」な、奇行が書いてあっておもしろいヨ!!

オススメ度 ★★★★

明治・大正・昭和 風俗文化誌―近代文学を読むために

明治~昭和25年までを1ページづつ年表+ちょこっとの解説で紹介している本です
紹介しているのはタイトルどおり、風俗に関することが多いです
ちなみに風俗といってもエッチなものじゃないですよ!
流行したものとか、そーいうやつです

そんなに分厚くない本ですが、とりあえずこの時代の事件や流行などが簡単にわかる一冊になっております
もっと詳しく知りたい!という方にはオススメできませんが、サラっと知りたい人にはいいかも

オススメ度 ★★★

明治百話 (上) (岩波文庫)

明治百話 (上) (岩波文庫)

昭和初期に生きたライター・篠田鉱造が明治時代の実話を書いた本
すっごくいい
やはり「生」の話というのは、生き生きしてますよね

どんなことが書いてあるかというと

・外人の見た明治話
・明治の子ども遊戯
・江戸っ子の尾形月耕
・吉原から新橋
・上野の鐘の話
・銭湯と床屋

ひとつの話題が4ページほどでまとめられているので、読みやすいですよ


オススメ度 ★★★★
カネが邪魔でしょうがない 明治大正・成金列伝

カネが邪魔でしょうがない 明治大正・成金列伝

タイトルは奇抜ですが、決してフマジメな本ではないです

明治・大正にいた「成金」のことを紹介しているんですが、豪快でもあり、寂しくもあり・・・

なかなか興味深い本でした

ハチャメチャな人が好きなんで、こーいった波乱万丈タイプの人間を紹介している本は好きですね~

紹介しているのは6人

うーん、やっぱり成金の金遣いは「でかい」ですね(笑)

オススメ度 ★★★★
四代の天皇と女性たち

四代の天皇と女性たち

明治天皇から始まり、今上天皇までのことを紹介しています

明治天皇のところでは「廃妾論」や皇太后のこと、そして5人の側室たちのことなど

大正天皇のとこでは、明治・昭和天皇に比べて「コレ!」といったものがない中で再検討をしています

女帝論のことも書いてあります

ちなみに昭和天皇に側室を置こうという動きがあったことは知りませんでしたねぇ・・・

オブラートに包まれてる天皇家のことが、ちょっとわかる一冊です


オススメ度 ★★★
明治世相編年辞典

明治の世の中の動きを、年代別に書いてる本です

明治の世相がわかる本ですねぇ

たとえば明治3年を紹介すると、

運送会社・とんび・精養軒のパン・外人殺傷などなど、その単語だけがポコっと載ってて、説明書きがちょこっとある

残念なのは同じよーなことばっか紹介してるトコ

できればもうちょっと色んな事件とか教えて欲しかったな


オススメ度 ★★



教科書が教えない歴史〈2〉

教科書が教えない歴史〈2〉

コンビニでも売ってる500円シリーズ

500円でここまで教えてくれたら御の字でしょう!!

幕末から明治維新・そして近代までのさまざまなエピソードを紹介しております

日本人が自国に誇りを持てるよう、もっと自国の歴史を見直す手がかりとなってくれれば・・・という願いが込められている本なので、確かに「イイトコ」が多い

ケド、決して不愉快になる内容じゃないですね
むしろ、日本という国の新たな発見ができちゃいまいた

オススメ度 ★★★★ 手軽に読めておもしろい
女子教育事始

文明開花の時代となり、やっと女性に教育を受けれる時代がやってまいりました

この本は、いかにして女性が教育を受けるようになってきたかがわかる本です

でもやっぱりこの時代は「良妻賢母の教育思想」がすごいですね~

あと、医学分野でも女性が活躍しだしてきた時期でもあり、荻野吟子さんやシーボルトいねも紹介されております

色んな教育の方針+教育にたずさわった人たちを紹介してますよ

オススメ度 ★★★
日本の名門・名家100

日本の名門・名家100

はい、ミーハーなワタクシは、こーいった本を読むと、いいなぁ~歴史がつまりまくっているお家って~何でも鑑定団に出すようなお宝あるんだろうな・・・と、すぐ考えてしまいます(笑)

とまぁ、ワタクシの個人的意見はほっといて・・・

えー、この本は、日本を代表する名門・名家100を北から南までピックアップして紹介しております

戦国時代とかの名門ではなく、生き残った名門・・・つまりはごく何年か前に存在しており、子爵とか公爵などになった名門を紹介しとります

うーん。やっぱ歴史があるお家っていいなぁ♪

オススメ度 ★★★
虹を架けた女たち―平塚らいてうと市川房枝

虹を架けた女たち―平塚らいてうと市川房枝


平塚らいてうと市川房江の生き様を紹介している本

写真とかは最初の数ページで、残りはすべて文章となってます

個人的にワタクシ、平塚らいてうが好きなので読んでみました

この時代の女性はほんとーーーに大変だったんですねぇ
男性相手に意見を述べるのもスゴイことだったというのに、女性にも邪魔(?)するような人がいっぱいいるのでねぇ・・・

この二人の女性が現代女性のためにしてくれたこと(個人的にじゃなく、女性全体)がわかる本です

オススメ度 ★★★ 
新編明治人物夜話

明治時代の人物や出来事を数多く紹介している一冊!

天下の記者山田一郎・三遊亭円朝・夏目漱石と文芸委員会・三村竹清大人・名子役中村吉右衛門などなど

その人の生涯を紹介しているってのではなく、どっちかというと逸話のようなのが多いですね

暇つぶしにはもってこいの本でした♪


オススメ度 ★★★

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。