FC2ブログ
歴史の本書評してます!

2019/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/09

世にも怪奇な物語―古代日本で本当に起きた

昔の人に語り継がれた怪奇な話を紹介しています。

空海はミイラになって生きている!?
平将門の呪い
吉備真備は幽霊から碁を教わった?
源義光はどうやって酒呑童子をやっつけた?
早良親王の祟り
土蜘蛛とは?
弁慶の出生の秘密などなど、おもしろく、そして興味深いお話がテンコ盛りです


オススメ度 ★★★ 
旧石器‐平安

質問形式で、答えをズバリ教えてくれる本です。

例えば「誰が武士になったの?」「藤原氏はどうやって出世したの?」「縄文時代の人は何歳まで生きたの?」などという素朴な疑問を簡単に教えてくれます。

子供向けか?と思うほど楽に読めます

オススメ度 ★★
逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された「倭」の謎

逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された「倭」の謎

井沢元彦の人気シリーズ。

出すたびにいろんな論議をかもしだしている本ですねぇ。

個人的にワタシはあーんまりスキじゃないシリーズなのですが(言っちゃったー)、ついつい読んでしまいます。

今回は卑弥呼や神功皇后・そして日本人のルーツと天皇家の起源など。

オススメ度 ★★
大人の教科書 古代史の時間

まさに大人のための教科書エンターティメント♪

下の備考欄にチョコチョコと説明もあり、とてもわかりやすいです。

日本の誕生から旧石器時代・竪穴式住居のことや弥生時代の邪馬台国のこと・古墳時代・飛鳥・奈良と古代史の事件や興味あることをやさしく楽しく書いてます

オススメ度 ★★★★ 簡単!
古代史の秘密を握る人たち―封印された「歴史の闇」に迫る

古代史の秘密を握る人たち―封印された「歴史の闇」に迫る

卑弥呼・継体天皇・蘇我入鹿・聖徳太子・中臣鎌足・藤原不比等・道鏡あどなど古代史には欠かせない人物について描いてます。

卑弥呼の死の謎や聖徳太子の目指した理想から、スサノオなど伝説のヒーロー達にもスポットをあててます


オススメ度 ★★★
古代史を知る事典

古代史を知る事典

古代史を知るにはオススメの入門書。

邪馬台国のことや、大化の改新、天皇家の歴史や古代豪族のこと、神話のことなど、とくかくこの1冊で古代史のことがわかります。

ページ下には用語説明や簡単なコラムなどもあります。

オススメ度 ★★★★★ 丸わかり!

目からウロコの古代史―謎に満ちた時代を学ぶ面白さ!

目からウロコの古代史―謎に満ちた時代を学ぶ面白さ!

謎に満ちた時代を学ぼう!

縄文・弥生時代の生活・幻の邪馬台国・聖徳太子波乱の生涯・大化の改新などなど、古代史の事件や謎に迫りまくってます!

とりあえず基本の本ですね

オススメ度 ★★★★ まず読もう。そして知ろう

やさしく読み解くはじめての古事記―平易な現代語訳で読み進む神と人の壮大な物語

タイトル通り、ほんと優しい入門書でした。

難しい言葉はあまりなく、とても読みやすい。

しっかし古事記っていうのは残酷でエロいですね。

日本人として古事記は読んどいた方がいいと思いますが、この本はかなり初心者向け

オススメ度 ★★★★ 超簡単!!
出土遺物の応急処置マニュアル

出土遺物の応急処置マニュアル

「もしどっか出かけた時に、何かを発掘しちゃったらどうしよう・・。

そんな時のために♪」という歴史バカ管理人は張り切ってこの本を読みましたが、正直ムズイ!!

こんなコト、フツーの人ができるかい!ってな感じでした。

よくよく見ると、博物館に勤めてる人や発掘調査をしている人のためのマニュアル。

あーあ。ただの歴史バカには必要のない本だったのねぇ

オススメ度 ★ エヘ
古代日本列島の謎

古代日本列島の謎

日本人はどこからきたのか?
縄文から弥生に移る流れ・あらゆる物には霊魂が宿る・蘇我氏の謎・邪馬台国のことなどあらゆる古代史の謎を検証する一冊。

わかんないこないことが多いから古代史に惹かれるトコが多いですが、この本はそんな謎に迫ってます。

解説の仕方も簡単なのでおもしろく読めますが、ある程度古代史を知っている人が読んだ方がさらにおもしろいかも

オススメ度 ★★★
古事記講義

古事記講義

その名の通り、古事記の講義本。

ただ物語を紹介しているだけでなく、解説があり、古事記をよーーーく知りたい人にはお勧めの本です。

理解も深まるし、この筆者の解説がとてもわかりやすいです

オススメ度 ★★★★ 初心者向け!

古事記・日本書紀を歩く JTBキャンブックス

古事記・日本書紀を歩く JTBキャンブックス

古事記や日本書紀には神話や伝説がたくさん。

そこに記されている場所の説明や行きかたが書いてあります。

イザナミ・イザナギの黄泉の国の入り口と言われている場所をこの本で初めて知りました!

その他にも八俣の大蛇が潜んでいたと言われている場所など、伝説の中のスポットを数多く紹介!

オススメ度 ★★★

原始・古代

個人的にスキな100問100答シリーズです

この時代の疑問をいっきに解決してくれる本です

縄文人に虫歯が多いのはナゼ?
聖徳太子像のモデルは誰?
氏と苗字はどこが違うの?
古代だけ女の天皇が多いのはなぜ?
納豆は日本だけの食品?
貴族はなぜ日記をつけはじめたか? などなど、おもしろい疑問を解決してくれる本なのです。

といっても、軽めの本ではなく意外とマジメ に答えてくれております

オススメ度 ★★★★
女帝と譲位の古代史

女帝と譲位の古代史

「女帝」は単なる「中継ぎ」ではなく、政治において重要な役割を果たしていたということがわかる一冊。

薄い本なので、興味がある人はさっと読めちゃいます。

女帝以外にも卑弥呼と壱与や飯豊皇女なんかも紹介しています

オススメ度 ★★
古代王権と女性たち

古代豪族と女性、そして女帝をめぐる人々、聖武天皇をめぐる女性たちの3つに分かれています。

聖徳太子のことや上宮王家のことなども。小難しい書き方ではないので、おもしろく読めますが、女性についてはそんなに詳しく書いてないですね~

オススメ度 ★★
古代日本「女王国」の謎

古代日本「女王国」の謎

土偶の謎や卑弥呼のこと・シャーマンの存在・埴輪の謎など古代のいろんな謎に迫ってます

神話のことや女帝の時代についてもあり、「女性」がメインの本となっていますね~

弥生人の好きな色なんていうプチ雑学なんかもあります

オススメ度 ★★★
天皇家誕生の謎

天皇家誕生の謎

天皇家の謎に迫る一冊 過去には天皇殺害など、権力を奪うチャンスはいくらでもあった。

が、多くの天皇や皇族は殺さても「 天皇家」に成り代わる王権が生まれなかった それはナゼか??といったような「天皇家とは何か?」という謎に満ちた王家を解明しまくる一冊

オススメ度 ★★★ 天皇を知りたい人にはいい
日本古代恋愛史

日本の古代の恋愛について紹介している本です。

あまり軽めの本ではなく、マジメな紹介の仕方をしてるので、ミーハーな方にはオススメできないかも。

でも古代の恋愛の歌とか、古代の遊女などを知りたい人には勉強になる一冊ですねー

オススメ度 ★★★ 
「魔」の日本古代遺跡―恐山、熊野、ストーンサークルに隠された魔の信仰とは?

「魔」の日本古代遺跡―恐山、熊野、ストーンサークルに隠された魔の信仰とは?

魔の聖地・恐山 奥羽の魔が集まる場所 魔を操った縄文人などなかなか怖ーい本になっております。

古代の不思議に迫っている一冊。

承久の乱・川中島の呪術合戦や日本史上最強の呪術師は空海など各地に残る魔の伝説がたくさん!

オススメ度 ★★★ マニアックですぞ