FC2ブログ
歴史の本書評してます!

2019/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/09

雑学 日本のこよみ―歳時記

1月から12月までの事件があった日を教えてくれる雑学本

たとえば

4/13 日本で喫茶店第一号ができた
8/14 特許第一号
9/30 遣唐使廃止
11/5 パンダ初公開

などなど。ただね、これだったらもっといいこよみ雑学本あるかなぁ。
イラストが大きすぎて、文字数少ないし、紹介してる日にちもそんなに多くないし

オススメ度 ★★
年齢の事典―その時何歳?(いくつ)

年齢の事典―その時何歳?(いくつ)

コレ、おもしろい

年齢ごとに分かれていて、たとえば・・・

30歳・・・武田勝頼が織田・徳川連合軍と戦いボロ負け

47歳・・・豊臣秀吉 山崎の合戦で明智光秀を破る

などなど、年齢ごとに有名な人物がこんなことをしたっていうのを簡単に教えてくれる一冊

あなたの年齢の時、あの有名歴史人物はどんなことをしたのか??がわかるおもしろ本

オススメ度 ★★★★ ちなみに今のワタクシの年齢の時、源頼朝が平氏を倒すべく挙兵しました~
歴史おもしろ苦労話―たとえば戦国下剋上時代―その時、秀吉は、家康は…

メインは戦国武将の苦労話。

そのほか宮仕えの人々の苦労話やお金にまつわる隠れ話、天皇から庶民までの生活事情など、「そうなんだー」ネタが満載。

石田三成の決定的な弱点は何か?や、森蘭丸が信長に気に入られた理由など、おもしろい雑学本になっています

オススメ度 ★★★
日本人の起源 面白すぎる雑学知識―我らのご先祖様はどこから来たのか?

日本人はどこからどうやって作られたのか?
古事記のモデルはギリシャ神話?
小柄な日本人のルーツなどなど、「日本人」がどうやって出来たかを探る入門書。

一万数千年前の日本へレッツゴー!

オススメ度 ★★★
笑っちゃう日本史―本当はこんなに面白い日本の歴史 えっ、秀吉はY談が気にいられて、信長に登用されたって?!

今も昔もヘンテコな行動をする人はいますが、この本は歴史上の人物が行ったキテレツな行動をとりあげている本です。

初めて黒人を見た信長は何をした?
あの維新の英雄は黄金の逃げ足を持っていた!
ペリーにナメられた日本の弱腰外交!
主演サル助演タヌキの天下統一芝居。
天皇を騙した悪徳大臣の手口などなど、読むだけで楽しい歴史雑学本です

オススメ度 ★★★★ 軽口だよ
歴史の意外な「ウラ事情」―あの事件・あの人物の“驚きの事実”

歴史の意外な「ウラ事情」―あの事件・あの人物の“驚きの事実”

「へぇー」な内容満載!

あの事件・あの人物の、知られざる驚きの事実を暴露してます!

1つ1つが短いので、簡単に読めます。生類憐れみの令を出した理由は?

関ヶ原にて天下を狙っていた3人目の男とは?
山県有朋のスキャンダルとは?
源氏と平氏が武士の棟梁になれたのは何故?
などなど、学校では教えてくれない驚きの知識が満載です!

オススメ度 ★★★
 
歴史の意外な「ウワサ話」―真実か?マユツバか?驚きのネタを一挙紹介

歴史の意外な「ウワサ話」―真実か?マユツバか?驚きのネタを一挙紹介

真実か?マユツバか?

驚きの真実を一挙公開!

歴史に関するウワサはたくさんありますが、その中でもおもしろいうわさを紹介してます。

本能寺の変の黒幕は?松尾芭蕉は忍者だった!?
平清盛の出生のヒミツ。信玄のウワサの真相などなど、ウワサだから書ける内容が満載

オススメ度 ★★★
退屈しのぎの日本史びっくり本―これは驚き真説・珍説・裏話 例えば、なぜあの一休さんが色欲に溺れたか?

これもおもしろい日本史雑学本です。

後世に名前を残したエライ人のとぼけた素顔や、誰もが信じていたヘンテコな迷信、妙な掟、そして裏舞台で活躍した無名のヒーローたちのこと、お金と権力に溺れた欲ボケたちの困ったさんぶりをおもしろく紹介。

こういった軽い雑学本は疲れなくていいです

オススメ度 ★★★
日本人の「言い伝え」ものしり辞典―暮らしの中に語り継がれる知恵

日本人の「言い伝え」ものしり辞典―暮らしの中に語り継がれる知恵

言い伝えって自然に受け止めてるけど、もともとどういう意味なの?を一挙解決!

私たちの暮らしの中に語り継がれている知識をあいうえお順に教えてくれます。

隠居・離婚・祭日・魔よけ・巫女・こけし・握り飯などなど暮らしの中で知ってるものばかりの本当の意味がわかるおもしろい雑学本

オススメ度 ★★★★
「言い伝え」のおもしろ謎学―運を開く真相 知ると気になる!知らないとバチが当たる?

日本に伝わる「言い伝え」の雑学本!

「茶柱がたつといいことがある?」
「夜、口笛を吹いたら蛇が出る?」
「招き猫を飾ると商売繁盛する」
など一度は聞いたことのある言い伝えの真相を教えてくれます。

思わずなるほど!とうなっちゃうおもしろ雑学本!

オススメ度 ★★★★
意外と知らない「もののはじまり」―ワインはもともと猿の酒?

意外と知らない「もののはじまり」―ワインはもともと猿の酒?

「なんで歌舞伎社会を梨園というのか?」
「とんちんかんのルーツとは?」
「野次馬とオヤジの関係は?」など、もののはじまりについて様々な角度からチェックしています。

オススメ度 ★★★

知ってなるほどの語源1000―勘違いしている言葉・意外な由来366日

勘違いしてる言葉や意外な由来などを1月から12月までの記念日とともに紹介しています。

例えば1月3日は駅伝の日。
駅伝とは律令時代の制度からあるとか、11月26日名横綱双葉山引退の日。
横綱という呼び方は「手綱」からきた。

などなど、へーそうなんだーが連発の雑学本

オススメ度 ★★★★
つい誰かに話したくなる日本史雑学 すごい人物ばかり・篇

つい誰かに話したくなる日本史雑学 すごい人物ばかり・篇

こちらも日本史雑学の決定版!

今回は事件じゃなく「人物」がテーマです

小野妹子は男?女?・小野小町争奪戦・浮気相手の家をぶち壊した北条政子・元祖教育ママ淀君などなど、思わず「へぇー!」の連発!

とってもおもしろいよ~

オススメ度 ★★★★★ お手軽っ!
つい誰かに話したくなる日本史雑学―いつも事件はつきない・篇

つい誰かに話したくなる日本史雑学―いつも事件はつきない・篇

日本史雑学の超お手軽本!

古代史の愛人殺人事件・平安時代の受験地獄・鎌倉時代のお騒がせ女・戦国時代の裏切り事件・江戸時代の失業騒動・などなど、思わず「へぇー」の連発!!

コネタが満載で、文庫本サイズなので通勤途中に気軽に読めちゃう

オススメ度 ★★★★★
今日の出来事100年―雑学366日

この日どんな事件が起きたか?

365日分の事件を解説。
明治以降の事件が多いです。

私の生まれた日は妖婦が旅館をのっとりして殺人事件を起こした日らしい(笑)
おもしろい雑学本ですね

オススメ度 ★★★
大貧乏大逆転―日本史雑学人物伝

大貧乏大逆転―日本史雑学人物伝

貧乏からお金持ちになった日本史上の人をももしろく紹介。

信念を貫いたビンボー人・苦労をバネにしたビンボー人・ビンボーを楽しんだビンボー人・ビッグチャンスをモノにしたビンボー人など、種類は違えどこの人にこんな苦労があったのか!と思わず感心してしまう勇気の出るビンボー雑学本です

オススメ度 ★★★★
世界史を動かした「モノ」事典

世界史を動かした「モノ」事典

現代にはあって当たり前の「モノ」も、実は歴史を動かす「モノ」だったという意外な過去がわかる雑学本。

日本の「モノ」以外もたくさん紹介してあります。

麦・ビール・オリーブ・ズボン・ハンバーグ・紅茶・大砲・ゴムなどが歴史を動かした!という「へぇー」な本

オススメ度 ★★★★
歴史上の信じられない「偶然の一致」

歴史上の信じられない「偶然の一致」

日本史だけじゃなく、世界中の「偶然の一致」を紹介しているおもしろい雑学本。

たとえば「ケネディ暗殺は犯人の名前まで予言されていた!?」「聖徳太子が書いた驚きの未来とは!?」「チンギス・ハンと義経を結ぶ偶然の一致」などなど、「ふーん・へーぇ・ほーぉ」とゆー感じで軽く読める本です

オススメ度 ★★★
日本史人物「その後のはなし」〈下〉江戸・明治

日本史人物「その後のはなし」〈下〉江戸・明治

江戸・明治時代に歴史の表舞台へ登場した人やそれに絡んだ事件は、その後どうなったのか?

天才平賀源内は?遠山の金さんは?勝海舟は?

などなど600人ものその後を書いた興味津々の本です

一人あたりページ数少ないので、簡単に読めますよ!

オススメ度 ★★★★ へぇー!がいっぱい
学校では教えない歴史 近代編

その名のとおり、学校では教えてくれない歴史本。

世界の中でやっとこさ動きだした明治時代の日本から昭和までの「へー!そうなんだ!」を紹介してます。

日本語が話せなかった帰国女子第一号や、三井・三菱の海運業界バトル、他人に言えない病気があった野口英世。

ダンスガールやマージャンガール(なんだそりゃーって感じでしょ?)などなど、とてもおもしろくてわかりやすい歴史雑学本

オススメ度 ★★★