FC2ブログ
歴史の本書評してます!

2019/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/09

大正時代―現代を読みとく大正の事件簿

大正時代―現代を読みとく大正の事件簿

大正時代という時代を知るにはベストな本でした

大正ってワタシの中でいまいち印象が薄いんだけど、この本を読んでイメージができあがってきたというか

結構いい時代だったのかな?なんて思ってしまいます
この後は戦争に突入する昭和が始まりますからねぇ

あ、でもこの本はちょっと字が小さくてびっしり書いてあるけど、ほんと大正時代がよくわかる本ですよ

オススメ度 ★★★★
徳川慶喜家にようこそ―わが家に伝わる愛すべき「最後の将軍」の横顔

徳川慶喜家にようこそ―わが家に伝わる愛すべき「最後の将軍」の横顔

徳川慶喜のひ孫が書いた本。

慶喜のこぼれ話より、本人の話が多いかな。

でも、世が世なら殿様な人の お話はなんか不思議な感じがします。

しかも結構軽い人なので、簡単に読める

ちなみにどのジャンルに入れようか悩んだんだけど、主に将軍を辞めてからの話が多いので(写真のこととか)明治時代にいれちゃいました

オススメ度 ★★★
青鞜の時代―平塚らいてうと新しい女たち

岩波書房のシリーズ本。

平塚らいてうと新しい女たち「青鞜」について紹介してます。

青鞜の始まりから終焉までの流れを教えてくれる本です

オススメ度 ★★★
『青鞜』を学ぶ人のために

『青鞜』を学ぶ人のために

明治の新しい女たちである「青鞜」について知りたい人にはいいとは思うんだけど、ちょっと文章が固め。

どっちかというとマジメに勉強したい人用なので、もっと簡単に知りたい・難しい言葉嫌いって人にはオススメできないですねぇ

オススメ度 ★★
文士たちの宿―作家と名作のもうひとつの物語

文士たちの宿―作家と名作のもうひとつの物語

太宰治や志賀直哉・谷崎潤一郎・夏目漱石・島崎藤村など、日本の有名な文士たちのお気に入りの宿を紹介している本。

個人的にこーいう本大好きなんですよ。

旅の目的にしたいな~ってことで。

お宿のこと以外にも、その人が書いた有名な作品や、ちょっとしたエピソードも載ってます

オススメ度 ★★★★ 好きな人は好きでしょ?
明治ものの流行事典

明治ものの流行事典

明治時代にはやったものがわかる一冊!

ノルマントン号事件や西郷隆盛生存説・華厳の滝への投身自殺など、はやった物や事件・ウワサなどイラストや絵画などを添えて、すっごくおもしろくまとまっています。

明治時代がわかる楽しい事典です

オススメ度 ★★★★
子どもに伝える明治維新史 (4)

明治維新史シリーズの4冊目。

四民平等・文明開化・国民皆兵・士族の反乱など幕末も終わり、明治新時代に入っていくあたりを物語風に紹介しています。

大人でも十分読める一冊(ただし初心者のみ♪)

オススメ度 ★★★
子どもに伝える明治維新史 (3)


子ども用なんですが、物語風の書き方なので「明治維新をまったく知らない!知りたい!」という大人 にもいいと思いますね~。

ちょっと重たいけど。

これはこのシリーズの3冊目で、武士が終わる世の中か ら王政復古そして廃藩置県までが書いてあります。

ただ、私の本の中でもかなり古い方なので今売ってるのかな?

オススメ度 ★★★
列伝・日本近代史―伊達宗城から岸信介まで

列伝・日本近代史―伊達宗城から岸信介まで

伊達政宗から岸信介まで、近代の13人を紹介。

原敬・犬養毅・近衛文麿などなど、一人あたりのページが10ページ以上(しかも字が結構小さい)で、詳しく書かれています

オススメ度 ★★ ちょっと疲れた(汗)
明治・大正・昭和史話のたね100

明治・大正・昭和史話のたね100

100のコネタが載ってるわけじゃないんですが、まぁ雑学的には許せる内容

明治天皇が好きだったお酒や皇后たちの姑問題・超大物たちの喧嘩など、「へぇー」なトコもあります。

本自体が薄いけど、中身はまぁまぁかな

オススメ度 ★★★ 
江戸が東京になった日―明治二年の東京遷都

江戸が東京になった日―明治二年の東京遷都

江戸が東京になったいきさつ、そして江戸が首都になったいきさつなどを、幕末の動乱を通して説明しています。

実は大阪を首都にするつもりだったとか、遷都について色々書かれている、ちょっとマジメな一冊

オススメ度 ★★ 
100問100答 日本の歴史〈5〉近代

100問100答 日本の歴史〈5〉近代

知りたかったこと100個をズバリ書いてくれてる本。

どうやらシリーズのようで、色んな時代があるみたいなので今度色んな時代のヤツも買ってみようかなと思わせる内容でしたねぇ。

結婚した女性が苗字を変えるようになったのはいつからか?とか、君が代はどのようにして作られたのか?ペリーは何しに日本にきたのか?サラリーマンという言葉はいつ生まれたのか?などなど、頭がよくなりそうな本です

オススメ度 ★★★★ 雑学チック!?
新・地球日本史〈2〉明治中期から第二次大戦まで

新・地球日本史〈2〉明治中期から第二次大戦まで

明治中期から第二次世界大戦までを、さまざまな歴史家の人が、その時代にあった言いたいことをコラムのような感じで書いてる本です。

たとえば三木朱門氏は「明治大帝の世界史的位置」について・入江隆則氏は「日清・日露戦争後に日本が直面したもの」といったコラム&説明を書いています。

この時代を知ってる人じゃないとおもしろくないかも

オススメ度 ★★
廃藩置県―「明治国家」が生まれた日

廃藩置県―「明治国家」が生まれた日

ずっと続いてきた「藩」を潰すという前代未聞のシステム「廃藩置県」。
激動の時代の舞台裏本です。

王政復古の大号令から岩倉使節団の出発まで、新政府の動き・そして人々はどう思ったか!?とにかく廃藩置県における世の中の動きがよくわかる本。

この講談社シリーズを読んだことのある方はわかると思いますが、これもマジメな本です

オススメ度 ★★★★
明治快女伝―わたしはわたしよ

明治快女伝―わたしはわたしよ

明治を生きた49人の快女を紹介。

テーマごとに別れてタイプ別で女性を紹介しており、なかなかおもしろい本でした。

この時代の女性はやっと表舞台に出てきた先駆者達が多いので、とても勉強になります

オススメ度 ★★★★
図説 関東大震災

図説 関東大震災

震災前夜の東京の様子や、震災によって起こった悲劇などが、大量の写真で詳しく説明してあります。

東京だけでなく、横浜・横須賀もすごい。

朝鮮人を虐殺したりなど、震災はすごい方向に発展していきました。

このあたりの写真はキツイ・・・

オススメ度 ★★ やはり写真はリアル・・・
おもしろ日本史 まんが 人々のくらしと経済〈第3巻〉明治時代から現代まで

おもしろ日本史 まんが 人々のくらしと経済〈第3巻〉明治時代から現代まで

またもマンガ(笑)

この時代はこ難しいのでとりあえずマンガから入って、活字本で詳しく勉強するのがいいかもしれないという個人的な考えで読んでみました。

だけど、幅がたくさんあるので、さーっと流れがわかっただけでした。

まぁそれがマンガですけどね

オススメ度 ★★ 子供用!
NHKその時歴史が動いた コミック版〈4〉明治黎明編

NHKその時歴史が動いた コミック版〈4〉明治黎明編

NHKのその時歴史が動いたのコミック版です。

今回は3人。

土方歳三・睦奥宗光・大久保利通をとりあげています。

なんといっても漫画は読みやすい。
とりあえずこの人たちの一生が簡単にわかります

オススメ度 ★★★
大日本帝国―明治時代後期

大日本帝国―明治時代後期

明治時代後期のことが漫画でわかりやすく書いてあります。

このあたりも活字で読むと難しいので、とりあえず漫画で最初にどんなもんかというのをサラリと読んどくにはいいかもしれないですね

これもコドモ向きっぽいです

オススメ度 ★★★
大正デモクラシー―大正時代

大正デモクラシー―大正時代

漫画なので、とても読みやすいです。

正直、コドモ向きですね~

でも、大正デモクラシーがとても簡単に書かれております。

難しい活字が多いこの時代の本の中で、漫画だと入りやすいのでは?
ひととおりのことが一応は書いてあります

オススメ度 ★★★