歴史の本書評してます!

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日中十五年戦争史―なぜ戦争は長期化したか (中公新書)
日中十五年戦争史―なぜ戦争は長期化したか (中公新書)

張作霖爆殺事件から満州事変、そして日中戦争へと
どうやって戦争へ突入していったのかが、非常にわかりやすく、詳しく書いてあります

政治的な部分もかなり書いてあります

オススメ度 ★★★★
昭和ひとけた時代―1926~1935
昭和ひとけた時代―1926~1935

大正時代が終わり、昭和が始まる一桁時代を紹介しています

とっても読みやすく、わかりやすい本でしたね

「昭和ひとけた」って、なんか親しみがあるというか、センチメンタル気分になりませんか?

私はなんとなくそーいった気持ちがあるんですよね

いろんなことがあった昭和ひとケタ時代をぜひ知りたい人にはオススメ

オススメ度 ★★★★
明治の文化 (同時代ライブラリー (307))
明治の文化 (同時代ライブラリー (307))

明治の文化を紹介している本

ミーハー度はあまりないけど(笑)読み物としてはおもしろいデス

地方のこともいろいろ教えてくれているので♪

オススメ度 ★★★
教科書には載せられない暴君の素顔
教科書には載せられない暴君の素顔

恐ろしい・・・

世界中の暴君がいっぱい・・・

日本からは織田信長・藤原道長・徳川綱吉が出てます

世界史からも怖いのがいっぱい
人食い大統領イディ・アミン
メコンのヒトラー ポルポト
串刺し男 ウラドツェペシュ

などなど
ヒトラーや暴君の代名詞ネロなども紹介してますヨ

あー怖い

オススメ度 ★★★★
断髪のモダンガール―42人の大正快女伝

断髪のモダンガール―42人の大正快女伝

大正時代を生きた42人の女性を紹介

ほんと、この時代の女性は今と違って何かと大変ですね・・・

紹介しているのは
与謝野晶子・平塚らいてうといった有名どころもいれば
あまり聞いたことない女性もいっぱい

さまざまな生き様がわかりますよ!

オススメ度 ★★★★
江戸300藩 県別うんちく話 (講談社プラスアルファ文庫)
江戸300藩 県別うんちく話 (講談社プラスアルファ文庫)

自分の藩の歴史がわかるので、軽く読むにはオススメ

うんちく増えますヨ(笑)

あの県はこーゆー歴史があるんだ~とか、雑学チックなとこもあったりします

難しくないのでサラサラ読めちゃう(^0^)

オススメ度 ★★★
戦国武将・闇に消されたミステリー いまだ解けない80の謎 (PHP文庫)
戦国武将・闇に消されたミステリー いまだ解けない80の謎 (PHP文庫)

・松永久秀はなぜ将軍になろうとしなかったのか?
・毛利輝元はなぜ出陣しなかったのか
・本能寺の変の影の人物とは誰か
・石田三成と上杉景勝の間に密約はあったのか
・黒田官兵衛はなぜ突然引退したのか

などなど、いろーんな戦国時代の「謎」をチョイスしてます

ミステリーというか、推測してるとこが多い本ですが、軽く読めるので
読み物としてはおもしろい

オススメ度 ★★★

逆説の日本史〈12〉近世暁光―天下泰平と家康の謎
逆説の日本史〈12〉近世暁光―天下泰平と家康の謎

実はこのシリーズ、あまり好きじゃない・・・と思ってましたが
読む時期によって感じ方が違うもんですね(笑)

この「12」はなかなか読みがいがあっておもしろかったww

ほー!こーいった考えかたもあるんか~と、新たな歴史観が生まれましたね★

オススメ度 ★★★★
幕臣たちの明治維新 (講談社現代新書 1931)
幕臣たちの明治維新 (講談社現代新書 1931)

こりゃ気になってたトコですね~

あれだけいっぱいいた徳川家臣談はどこに行っちゃったのか!?を教えてくれる一冊

いやいや、めっちゃ気の毒デス

新政府が腹立ってきますねぇ
改革には、つきものの仕方のないことだけど

消えていった幕臣たちはどのように過ごし、どのように身を振ったのかがわかりますよ

オススメ度 ★★★
知識ゼロからの現代史入門―アメリカ・ロシア・中国・パレスチナの60年 (幻冬舎実用書―芽がでるシリーズ)

知識ゼロからの現代史入門―アメリカ・ロシア・中国・パレスチナの60年 (幻冬舎実用書―芽がでるシリーズ)

冷戦・中国史・中東問題に焦点を当てている現代史入門です

なかなかわかりやすく教えてくれる本なので、初心者にはオススメしますね

欄外にはちょっとした情報などもありますよ

著者は河井塾の人気講師なので、なんとなく熱血ぶりが伝わりますね(笑)

オススメ度 ★★★★
「ことわざ」なるほど雑学事典―よくあるカン違いから本来の意味まで、話がはずむ面白ネタ (PHP文庫)
「ことわざ」なるほど雑学事典―よくあるカン違いから本来の意味まで、話がはずむ面白ネタ (PHP文庫)

日常で使われる「ことわざ」のホントの意味や成り立ちを教えてくれます

一度こーいった本を読んで、昔の日本人が伝えたかったコトなんかを
考えてみるのもいいかもデス

ことわざにはイイことがいっぱい隠れていますからね~

ことわざ自体を知りたい!とか、本来の意味を知りたいって人には、この本は結構オススメ

オススメ度 ★★★★
学校ではあつかえない世界史 (KAWADE夢文庫)
学校ではあつかえない世界史 (KAWADE夢文庫)

おもしろいデス!!
文庫本なんですが、よくぞここまでいろんなのを集めたな~ってくらい
内容充実★
ガセネタもありそうだケド(笑)それはそれでおもしろい
ミーハー歴史好きならよんでもらいたいですね~

・元ヌードダンサーの王妃が捨てた男にした仕打ち
・人間の平等を唱えたルソーの口ほどにもない人生とは
・お気に入りの愛人の名前を年号にした女帝
・サディズムの語源となった鞭打ち公爵
・若さと美貌を求めて殺した処女は600人
・古代ローマにもあったラブホとは

といったような、ホント学校じゃ教えられないアホネタ連発で楽しいですヨ

オススメ度 ★★★★ オモロ~
地名でわかるおもしろ起源(ルーツ)―出身・郷里・住んでる所 あなたは一体どこから来たのか (青春BEST文庫)

自分が住んでいる地名のルーツがわかる!!

自分がどこからきたのか?ってのもわかるおもしろい一冊

たとえばですネ

・「塚」に隠された驚くべき意味
・女の子ばかり生まれる土地の秘密
・日本で一番古い地名
・山の近くのあぶない場所
・東京に洪水がないのは「池袋」のおかげ
・祖先に商人を持つ町の名前
・「田」がつく土地の共通点
・女盛りがあふれる地名

などなど、自分の住んでる地名の由来がわかるおもしろい一冊ですよ~

オススメ度 ★★★★ 私が住んでるとこはタンボだかけのトコだったようですww
怪談―ひた隠しにされた日本各地の心霊体験 (青春文庫)

昔ながらの「怪談」かと思って買いましたが、ちょっと違いました(汗)

日本各地の怖いお話を集めた本ですが
現代バージョンですね

体験談のような感じです

オススメ度 ★★ 思ってたのと違ったのでwwwでも、怖いよ
驚いちゃいけないマル珍三面記事―紙面を飾った困ったさんたち (青春BEST文庫)

タイトルどおりアホな事件を紹介してます
なかなかアホで笑えますwww

いやいや、事実は小説より奇なりとはよく言ったもんで(笑)
ほんとにこんなことやった人いたんだ~な、世界の三面記事を
大量に紹介してますヨ

たとえばですね・・・

・東京駅が差し押さえられた!
・女嫌いもここまでくれば立派
・けっしてノーといわない女
・ロシアの美人歌手が芸者志願
・おなら一発が円相場を動かした
・情けないサークル「もてない会」

などなど、日本史がらみの驚きネタも多いですよ

オススメ度 ★★★★ なんせ大量のアホネタ(笑)わらえます
猛女・悪女列伝 ウソのような本当の話―凄いレディーがいたもんだ! ギネスも呆れる“なんでも世界一”の女性たち (青春BEST文庫)

世界にはスゴイ女性がいっぱいいますね~
この本はかーーなーーりの人数を紹介してます
文庫本なのに、お買い得♪

有名どころから、小さな町で起きた事件の渦中にいたスゴイ女性とか
とにかくすごい大量のすごい女性がおります

日本女性は少ないですが、この本を読んで「私なんかまだまだマシじゃん(笑)」と
思っちゃってください

オススメ度 ★★★★ ミーハーなんでこーゆーの好きデス

世界遺産 21の日本の迷宮〈巻ノ3〉―ふしぎ歴史館 (青春文庫)

日本の中にある「世界遺産」がらみの不思議話

興味ある人はぜひ

・法隆寺の謎と暗号
・日光の実像
・海に浮かぶ神社の真相(厳島神社)
・縄文杉が見守る島
・負の遺産 原爆ドーム

などなど、日本の世界遺産にまつわるいろんな話をおしえてくれます

オススメ度 ★★★★ 日本の世界遺産を知りたい人にはオススメ!!

ワタクシの好きな雑学の本であります

いやいや、ほんと電車の中とかで読むのにはベストですね

この本は300の雑学が詰まっております

歴史雑学はそーんなにないですが、読むと頭がよくなっちゃいます(笑)

ひとつの内容が短くてよみやすい

おススメ度 ★★★★ 内容はいい
意外と知らない迷走の近代日本史―現代日本を決定づけた、維新以降の20の大事件とは (KAWADE夢新書)

明治維新後、必死に近代化を図って欧米列強の仲間入りをしようとした「日本」が行った
注目するべき事件を紹介している本です

今の日本がどうやって作られてきたのかがわかります

紹介しているのは

征韓論
竹橋事件
ノルマントン号事件
大逆事件
金融恐慌
帝人事件
ドッジラインの実施
東大紛争
プラザ合意

などなど、維新後知っておかなくちゃいけない事件を、めっちゃわかりやすーく書いてあります
しかも字がでかいのがいい(笑)
作者は武光 誠なんで、ほんとわかりやすいですよ

おススメ度 ★★★★ とりあえず知りたい人には超お勧め
ことわざから学ぶ生き方の知恵 (ワニ文庫)

先人の知恵がつまった一冊ですね~
ことわざは人生の教えの集大成みたいなもんですヨ

でもってこの本は、そのことわざを教訓としてまとめてます

たまにはこういう本を読んで、なるほど・・な気分になってみるのもいいよね

いっぱいいい言葉たありますよ!!


オススメ度 ★★★★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。